DMM英会話 オンライン英会話の使い方・勉強法 オンライン英会話紹介

DMM英会話で語彙力を伸ばせる教材や機能、勉強方法を紹介

2024年1月29日

※ 当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。記事内容は公平さを心がけています。

DMM英会話で語彙力を伸ばせる教材や機能、勉強方法を紹介

「DMM英会話で語彙力に特化した教材はある?」
「単語を覚えるのに便利なDMM英会話の機能は?」

などとお悩みの方はいませんか?

DMM英会話には、語彙力を伸ばすのに特化した教材や、レッスンで学んだ単語の復習に便利な機能があります。

この記事では、DMM英会話で語彙力を伸ばせる教材や機能、アプリの紹介や、英語のレベル別で必要な語彙数を紹介します。

サキ

オンライン英会話を10ヶ月継続して英語が話せるようになったわたしが、語彙力を伸ばすためにおすすめの勉強法も紹介するよ!

本記事で紹介している学習方法を取り入れれば、DMM英会話の上手な活用方法がわかり、効率よく語彙力を伸ばせますよ◎

この記事の結論

  • 語彙に特化したDMM英会話の教材や機能は以下の3つ。
  • 教材「語彙 Vocabulary」:レッスンで新しい単語を覚えられる
  • 機能「単語一覧」:レッスンの予習復習ができる
  • アプリ「iKnow! で学習する」:教材の単語の予習復習ができる
  • 日常会話レベルで必要な語彙数は約3,000~4,000語、ビジネスレベルで必要な語彙数は約1,500語
  • 英語を話せるようになるには、実践練習を重ねて使える語彙を増やすことが大切

DMM英会話をかんたんに確認

DMM英会話は2021年に累計会員数が100万人を突破した人気オンライン英会話サービスです。

特徴は以下のとおり。

  • 24時間365日いつでもレッスンが受けられる
  • 質の良い教材が充実している
    (教材数:1万2千以上)
  • 多様な講師がいるから相性の良い講師を見つけられる
    (講師数:1万以上、国籍:148ヶ国以上)

【DMM英会話のプラン】

スタンダードプラン
(ノンネイティブ講師のみ)
プラスネイティブプラン
(ノンネイティブ、ネイティブ、日本人講師)
・毎月8レッスン:月5,450円
・毎日1レッスン:月7,900円(※1番人気)
・毎日2レッスン:月12,900円
・毎日3レッスン:月17,900円
・毎月8レッスン:月12,980円
・毎日1レッスン:月19,880円
・毎日2レッスン:月38,980円
・毎日3レッスン:月56,920円

DMM英会話は値段の安さと、講師・レッスンの質のバランスが良いのでオンライン英会話を利用したいと考えている人全員におすすめですよ◎

\無料体験レッスン受付中/

DMM英会話の公式サイトをみてみる

↑簡単1分で申し込み完了◎

筆者のプロフィール

サキ

以下の経験がある私が書いたよ♪

・DMM英会話:1800分、72回受講
・オンライン英会話歴:1年
・留学なしで、英会話力0→英語が話せるように

DMM英会話で語彙力を伸ばせる!

DMM英会話で語彙力を伸ばせる!

DMM英会話をうまく活用すれば語彙力を伸ばせます。

このあとくわしく解説しますが、DMM英会話には語彙力UPのための教材や機能が充実しているので、単語学習に特化した学習が可能ですよ。

また、語彙に特化した教材や機能を特に使用せず、ふつうに英会話レッスンを受けるだけでも語彙力は伸びていきます

オンライン英会話ではレッスン中は全て英語でコミュニケーションを取ります。初心者の場合は特に、ほぼ毎回「これって英語でなんて言えばいいんだろう」となる場面が出てきます。

レッスンでは、英語でうまく話せなかった文章を講師に教えてもらったり、英語での言い方を自分で調べたりするので、語彙力も自然と伸びていくんです。

サキ

DMM英会話のレッスンを何回も受けると、英会話の場面でスッと出てくる単語が増えたよ◎

\無料体験レッスン受付中/

DMM英会話の公式サイトをみてみる

↑簡単1分で申し込み完了◎

DMM英会話の語彙力を伸ばせる教材と機能

DMM英会話の語彙力を伸ばせる教材と機能

ここからは、DMM英会話の語彙に特化した教材や機能を紹介します。

語彙学習に特化したDMM英会話の教材や機能は以下の3つです。

  • 教材「語彙 Vocabulary」:レッスンで新しい単語を覚えられる
  • 機能「単語一覧」:レッスンの予習復習ができる
  • アプリ「iKnow! で学習する」:教材の単語の予習復習ができる

教材「語彙 Vocabulary」:レッスンで新しい単語を覚えられる

教材「語彙 Vocabulary」:レッスンで新しい単語を覚えられる

DMM英会話には、語彙を広げるのに特化した教材、「語彙 Vocabulary」があります。この教材は、初心者〜中級者向けのものはなく、全て上級者むけの内容です。

サキ

内容を見てみると、学校や資格試験では習わないけど日常会話で役に立つフレーズが厳選されてたよ!

単語帳や教科書ではなかなか学べない語彙がピックアップされていたのでとても良い勉強になると思います。

この教材では、単語は紹介されておらず、イディオムと句動詞のみ取り扱っています。

  • イディオム:2、3語の単語が結びついて特別な意味になるもの
    例:Butterflies in one's stomach (直訳:お腹の中にチョウチョがいる→訳:緊張でドキドキする)
  • 句動詞:2つ以上の単語で構成される動詞
    例:Wipe off (拭き取る)

新しい語彙を増やして表現のバリエーションを増やしたい英会話上級者の方は、ぜひレッスンで使ってみてくださいね◎

機能「単語一覧」:レッスンで覚えた単語を管理できる

機能「単語一覧」:レッスンで覚えた単語を管理できる

「単語一覧」の機能とは、自分で登録した単語や、レッスン中に講師が登録してくれた単語を一覧で見られる機能のことです。レッスンで覚えた単語を管理できるのでとても便利ですよ◎

見かた

「単語一覧」の機能は、以下のように↓、DMM英会話マイページの左の方にある「単語一覧」をクリックすると見れます。

機能「単語一覧」:レッスンで覚えた単語を管理できる

登録の仕方

  • 講師が登録してくれた単語

講師が登録してくれた単語は、「最終利用」の部分に登録した日にちや講師の名前が載っています。日本語の意味が載っていないので、自分で意味を登録してください。

機能「単語一覧」:レッスンで覚えた単語を管理できる
  • 自分で登録する単語

単語一覧の一番下の「新しい単語を登録する」をクリックすれば自分で単語を登録できます。

機能「単語一覧」:レッスンで覚えた単語を管理できる

レッスン中に触れた単語でも復習しないとどんどん忘れてしまいます。レッスンで学んだ単語を管理できる「単語一覧」の機能を活用すれば復習もしやすくなります。うまく活用して語彙力を伸ばしましょう◎

アプリ「iKnow! で学習する」:教材の単語の予習復習ができる

「iKnow!」とは、DMM英会話と提携している英単語アプリです。

「iKnow!」で学習できる教材

DMM英会話の教材に「iKnow! で学習する」のアイコンが表示されている場合、教材で紹介されている単語をiKnow! で学習できます。↓

アプリ「iKnow! で学習する」:教材の単語の予習復習ができる

「iKnow!」の学習画面

「iKnow! で学習する」をクリックすると、以下のように表示されて↓、音声を聞きながら単語学習ができます

アプリ「iKnow! で学習する」:教材の単語の予習復習ができる

「iKnow!」のホーム画面

「iKnow!」のホーム画面では、以下のようにまとめて単語を学習できたり、学習時間を管理できたりもしますよ。

アプリ「iKnow! で学習する」:教材の単語の予習復習ができる
サキ

スマホでも見られるから手軽に単語の復習ができる!

\無料体験レッスン受付中/

DMM英会話の公式サイトをみてみる

↑簡単1分で申し込み完了◎

レベル別で必要な語彙数は?

レベル別で必要な語彙数は?

「日常会話レベルで英語を話せるようになるには、語彙力をどのくらい増やせばいいの?」

自分が目標としているレベルに届くために必要な語彙数が気になる方もいますよね。

ここからは、英会話のレベル別で求められる語彙数を紹介します。

参考までに、中高で習う単語数や、ネイティブの語彙数もあわせて表にまとめました。

【レベル別】必要な語彙数の目安

レベル語彙数の目安
中学卒業1600~1800語
高校卒業1800~2500語
大人のネイティブ20,000~30,000語
簡単なあいさつができるレベル10~100語
日常会話レベル3,000~4,000語
ビジネスレベル1,500語
資格TOEIC(トーイック)4003,000語
5004,000語
6005,000語
7007,000語
8008,000語
90010,000語
TOEFL iBT®(トフル)605,000〜8,000語
808,000〜10,000語
9010,000〜13,000語
10013,000語以上
IELTS(アイエルツ)5~63,000語
7以上6,000語~12,000語
英検5級300~600語
4級600~1,300語
3級1,250~2,100語
準2級2,600~3,600語
2級3,800~5,100語
準1級7,500~9,000語
1級10,000~15,000語

青文字をクリックして該当の文章を読む

①簡単な挨拶ができるレベル
②日常会話レベル
③ビジネスレベル
④資格試験
 TOEIC(トーイック)
 TOEFL iBT®(トフル)
 IELTS(アイエルツ)
 英検

①簡単な挨拶ができるレベル:10~100語

英会話を勉強する際にまずできるようになりたいのが、「こんにちは(Hello)」、「最近調子どう?(What's up)」などの簡単なあいさつです。

オンライン英会話のはじめや、人と会った時におこなう挨拶には決まった型があるので、10~100語程度知っていればできるようになります。

英会話初心者の場合、簡単なあいさつでもスムーズにできず、頭が真っ白になってしまうことは多いです。

ですが、あいさつ程度の英会話であれば、場数を重ねて慣れていけば、すでに知っている単語のみで話せるようになります。

②日常会話レベル:3,000~4,000語

日常会話レベルの英会話に必要な単語数は3,000~4,000語と言われています。

中学で習う単語数が1,600~1,800語程度、高校で習う単語が、800~2,500語程度と言われています。日常会話で必要な単語のほとんどはもう知っているものです。

「日常会話を英語で話す」と聞くと、ネイティブと同じくらいの単語数を知っていないと難しいと思う人も多いですが、意外と必要な単語は簡単なものばかりです。

すでに知っている単語も、いざ話そうとすると出てこないことは多々あります。日常会話レベルの単語を使いこなせるようになるには、オンライン英会話のレッスンなどで実践を重ね、「知っている単語」を「使える単語」に変える意識を持つことが重要です。

③ビジネスレベル:1,500語

ビジネスレベルで英会話ができるようになるために必要な単語数は、1,500語です

ビジネスシーンで使われる単語は、日常会話の場面よりも限定されているので、必要な単語数はより少ないです。

ビジネス英語を学ぶ際は、学校で習った単語の復習ではなく、ビジネス用の単語を新たに覚える必要があります。

また、ビジネス英語を学ぶ際に大切なのが、覚えるべき単語を絞ることです。

商社で働く場合は貿易関係の単語を多く覚える必要がありますし、英語でプレゼンができるようになりたい場合はプレゼンでよく使われるフレーズを覚える必要があります。

どのような仕事・職種で英語を使うのかによって覚えるべき単語は異なりますので、目的を明確にして新単語を覚えていくようにしましょう。

④資格試験

資格試験によって求められる語彙数はどの程度なのでしょうか。

ここからは、TOEIC(トーイック)、TOEFL iBT®(トフル)、IELTS(アイエルツ)、英検で求められる語彙数の目安を紹介します。

目指している資格がある方は参考にしてくださいね。

TOEIC(トーイック)

TOEIC(トーイック)は、ビジネス英語の試験で就活や転職の際に重視される英語の資格試験です。

TOEIC(トーイック)のスコアごとにで求められる単語数は以下のとおりです。

スコア語彙数
4003,000語程度
5004,000語程度
6005,000語程度
7007,000語程度
8008,000語程度
90010,000語程度
参考:IIBC

TOEICで求められるのはビジネスシーンでよく出てくる単語です。テストによく出てくる単語などはある程度決まっているので専門の単語帳を用いると効率がよいですよ。

TOEFL iBT®(トフル)

TOFEL(トフル)iBT®︎は留学者むけの英語試験で、リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4技能をはかるものです。アメリカ英語で試験が作られているため、アメリカやカナダのなどの北米の大学・大学院に留学する際に必要になることが多いです。

スコアは、4技能各30点(120点満点)で図ります。

TOFEL(トフル)iBT®︎のスコアごとの語彙数の目安は以下のとおりです。

スコア語彙数
605,000〜8,000語
808,000〜10,000語
9010,000〜13,000語
10013,000語以上
参考:ETS Japan

IELTS(アイエルツ)

IELTS(アイエルツ)もTOFEL(トフル)iBT®︎と同じく留学生向けの英語試験で、リスニング・ライティング・リーディング・スピーキングの4技能をはかるものです。IELTS(アイエルツ)はイギリス英語で構成されているため、主にヨーロッパへの留学を考えている人がよく利用します。

IELTS(アイエルツ)のスコアは、1点〜9点で評価されます。

語彙数の目安ですが、スコア5~6程度を目指すなら、3,000語、7以上の高得点を目指すならば6,000語~12,000語と言われています。

英検

日本の学校の入試試験などでよく用いられる英検。英検は、5〜1級まであります。

英検の級ごとのレベルと、求められる語彙数は以下のとおりです。

レベル語彙数
5中学初級程度300~600
4中学中級程度600~1,300
3中学卒業程度1,250~2,100
準2高校中級程度2,600~3,600
2高校卒業程度3,800~5,100
準1大学中級程度7,500~9,000
1大学上級程度10,000~15,000
参考:英検

英検もよく出る単語がある程度決まっているので、専用の単語帳を用いることで効率よく学習できますよ◎

語彙力を伸ばせる勉強方法

語彙力を伸ばせる勉強方法

ここからは、語彙力を伸ばせる勉強方法を紹介します。

語彙力を伸ばすのにおすすめの勉強方法は以下の3つです。

  • DMM英会話を活用する
  • 多読をする
  • 英単語帳で学ぶ

DMM英会話を活用する

DMM英会話は語彙力を伸ばすのに有効です。

まず、オンライン英会話を利用する最大のメリットは、「使える単語」を増やせることです。単語帳や文章を読むだけの勉強では知っている単語を増やせるだけで、英会話の場面で使える単語は増やせません。

オンライン英会話のレッスンで英会話の実践練習をすることで、少しずつ単語が口から出るようになり、実際の英会話シーンで使える単語を増やせます。

また、DMM英会話では、語彙教材やレッスンで学んだ単語を一覧で管理できる機能があるので単語の復習が簡単にできます。教材の単語を音声付きで学べる「iknow!」アプリを使用することで、正しい発音を聞きながらの単語暗記もできます。

サキ

オンライ英会話のレッスンの予習復習をしっかりすることで、より早く語彙数を増やせるよ!

サキ

私は以下のようなノートを作って、1レッスンでいくつかの新しい単語を覚えるようにしてるよ!

オンライン英会話の効果的な勉強方法【完全まとめ】初心者におすすめの使い方も紹介

\無料体験レッスン受付中/

DMM英会話の公式サイトをみてみる

↑簡単1分で申し込み完了◎

多読をする

英語の語彙力を伸ばすためには、多読もおすすめです。

サキ

オンライン英会話の先生に、語彙数を増やすのにおすすめの勉強法を聞いたら、多読をおすすめする先生がかなり多かったよ!

多読では大量の文章を楽しみながら読むことで、自然な流れで単語や表現を覚えられます。洋書やWeb記事、ブログなど、興味を持てるジャンルのものを選び、無理なく続けることが大切です。

好きな内容の文章を読むことで学習のモチベーションが向上しますし、自然な形で新しい表現や語彙が定着します。毎日少しずつでも続けることで、語彙が増えている効果を感じられますよ。

英単語帳で学ぶ

資格試験のために英語の語彙数を増やしたい方は、英単語帳で学ぶのが効率的です。

自分のレベル・目的に合った単語帳を選び、学習を進めましょう。

単語帳を使った学習は、反復学習がしやすいので、資格試験などの覚えるべき単語が限定されている時におすすめですよ。定期的に復習をおこなうことで、資格試験で求められる語彙を着実に増やすことができます。

DMM英会話で語彙力を伸ばす際の注意点

DMM英会話で語彙力を伸ばす際の注意点

英語を話せるようになるために、DMM英会話などのオンライン英会話で語彙力を伸ばしたいとお考えの方へ。

「英語を話せるようになる」ことが英語学習の目的の場合、「使える単語」を増やすことが重要です。

「使える単語」を増やすには、英会話の実践練習で言えなかった・必要だった単語のみ覚えるようにしましょう。

日常会話で必要な語彙数は約3,000語、ビジネスシーンで必要な単語は約1,500語です。対して、高校までに習う単語は、1,800~2,500語程度。多くの日本人は、すでに中高で大量の語彙をインプットしているんです。

サキ

わたしが大学受験のとき、大量の難しい英単語を覚えたけど、英会話は全くできなかったのは「使える単語」がほとんど無かったから。

そのため、スピーキング学習では、単語帳で新たに単語を覚えるのではなく、「知っているけど使えない単語」を、「使える単語」にすることが大切なんですよね。

「使える単語」を増やす方法

スピーキングの実践練習を重ねて、言えなかった単語をその都度復習することで、使える単語を少しずつ増やせます。

オンライン英会話は、英会話の実践練習に最適です。

サキ

全く英語が話せない英会話初心者でも講師はやさしく対応してくれるから、メンタル的にもキツくないよ!

オンライン英会話などで実践練習を重ね、使える単語を増やす意識を持って、英会話力に必要な語彙力を伸ばしていきましょう。

\無料体験レッスン受付中/

DMM英会話の公式サイトをみてみる

↑簡単1分で申し込み完了◎

DMM英会話では語彙力も伸ばせる!無料体験レッスンに申し込んでみよう!

DMM英会話では語彙力も伸ばせる!無料体験レッスンに申し込んでみよう!

この記事では、DMM英会話で語彙力を伸ばせる教材や機能、アプリなどの紹介や、英語のレベル別で必要な語彙数、おすすめの学習法を紹介しました。

まとめは以下のとおりです。

この記事の結論

  • 語彙に特化したDMM英会話の教材や機能は以下の3つ。
  • 教材「語彙 Vocabulary」:レッスンで新しい単語を覚えられる
  • 機能「単語一覧」:レッスンの予習復習ができる
  • アプリ「iKnow! で学習する」:教材の単語の予習復習ができる
  • 日常会話レベルで必要な語彙数は約3,000~4,000語、ビジネスレベルで必要な語彙数は約1,500語
  • 英語を話せるようになるには、実践練習を重ねて使える語彙を増やすことが大切

DMM英会話では、語彙数を増やすのに特化した教材や機能が用意されています。レッスンで学んだ単語を一覧で見られる機能もあるので復習もしやすいですよ◎

また、日本人は日常会話で必要な語彙はすでにほとんど知っています。英語を話せるようになるには、すでに学校などで学んだ知っている単語を、使える単語にすることが重要です。

知っている単語は英会話の実践練習を重ねることで、使える単語に変えらえます。

オンライン英会話は、英会話学習の実践練習として最適なので、英語学習に取り入れて英語を話せるようになりましょう。

DMM英会話は、わたし自身、1,800分以上レッスンを受講しておすすめできると思ったサービスです。無料体験レッスンを受け付けているので、まずはレッスンを受けてみてくださいね。

\無料体験レッスン受付中/

DMM英会話の公式サイトをみてみる

↑簡単1分で申し込み完了◎

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
DMM英会話 オンライン英会話 利用者

サキ

24歳 | 海外旅行・留学経験なし | 受験がんばったのに英語全く話せない→オンライン英会話を10ヶ月継続して英語が話せるように!その経験を活かして本ブログを運営中♪

-DMM英会話, オンライン英会話の使い方・勉強法, オンライン英会話紹介